営業の育成と事務所内保育の利便性|企業の成長見守り隊

Group of people

必要性が高い

事業所内保育を利用する方法

最近では事業所内保育を始める事業所が増加傾向にあります。事業所内保育とはその名の通り事業所の敷地内に保育施設を設けることで、その事業所に働く従業員が子供を預けて安心して働くことができることを目的としています。 現在の日本では出産後も社会で働く女性が増えましたが、一方で、深刻な人材不足で悩んでいる企業も少なくありません。特に不規則な勤務が多い職種の場合、子育てと仕事の両立が難しいのが離職理由の大きな要因ともなっています。 現在では事業所内保育を専門に扱う企業があり、利用申し込みをすると企業側で保育士の人材確保や事業運営をしてくれるので、申し込みをした事業所は大きな負担もなく事業所内保育を始めることができるようになっています。

保育所を望む人達について

現在では経済的な理由から、出産後も仕事を続けることを希望する女性が増えています。 しかし、認可保育園の場合、保育料は安いものの預けられる曜日や時間帯が決められていますし、人気があるためすぐに入園できない場合もあります。 また、認可外保育園の場合は24時間預けることができるところも多いですが、保育料が高額になってしまい、経済的負担が解消されない場合もあります。 このような保育園の現状があるため、看護師や介護士などのように曜日や時間が不規則だったり夜勤がある場合、仕事を続けたくても続けられないという状況になってしまいますし、事業所でも人材不足が深刻化してしまうという現状があります。 そのため、事業所内保育を行うのは事業所にとっても従業員にとってもメリットとなります。

育成は必要

会社は利益を得る事によって存続を許されます。利益を得る為にも、営業で活躍できる優秀な社員を育成する必要があります。営業活動をする社員以外にも社内には様々な部署があり、どの部署においても育成は必要となります。

Read More

子育てを応援

企業で働く女性の中には、託児所に子供を預けてから会社に向かう方も大勢います。そんな女性の負担を少しでも軽減し、仕事と子育ての両立させるために企業が行っているのが企業内保育です。

Read More

病院で育てる

病院に努めている人が子供を育てるときには、病院内保育を利用することができます。病院内保育では、一般の保育園よりもメリットが多く、特に、安いことや自由度の効く部分があげられます。

Read More