営業の育成と事務所内保育の利便性|企業の成長見守り隊

病院で育てる

産後の仕事の再開について

出産後、以前の仕事を続けている女性であれば、一体いつからその仕事を再開するのか頭を悩ませるところです。当然の権利として、産後は育児休暇が取得できるため、大抵の場合はある程度子供の面倒を見ることが落ち着いてきたら、仕事を再開する目処にすることが多いです。しかし、産後半年、1年ともなれば、働くためには子供を保育所に預けなくてはなりません。それがスムーズにできるのであれば問題はありませんが、待機児童等の問題でいつまでも預ける先ができず、働けない母親が多く存在していることも事実です。 そのような中、病院に務める仕事をしている場合には、特別な制度が用意されていることがあります。それが病院内保育です。そこでは、一般の保育園よりも安いうえに、ある程度自由の効く内容で保育が受けられるのです。

病院内保育を利用するメリット

一般の保育園のように、病院内保育には世間一般からの応募ではなく、限られた条件に当てはまる人にだけ利用ができるので、その施設が存在している病院に勤めていれば大抵は入ることができます。その内容は、どちらかといえば託児所の要素が強く、母親の仕事が終わるまでの時間、保育士免許をもつ専門家等が面倒をみてくれるという、柔軟な対応が受けられるのです。病院内保育の料金も大きなメリットです。一般の保育料が月数万円するのが普通であるのに対し、病院内保育は1日数百円、多くても数千円で済むケースがほとんどで、経済的にも非常に恵まれているのです。 現在、このような施設は病院内に限らず、他の事業でも取り入れていく動きが見られています。