営業の育成と事務所内保育の利便性|企業の成長見守り隊

子育てを応援

企業内保育のメリット

働く女性が増え、託児所などに子どもを預ける人が増えています。しかしながら、全国の各自治体では待機児童の解消がなかなか進まないところもあります。最近、女性の多い病院などの職場において、企業内保育を設置するところが増えています。企業内保育とは、企業内に子どもを預けることのできる施設を設けることで、女性が仕事と育児を両立することを応援し、企業にとっても優秀な人材を確保できるというメリットをもったものです。まだまだ企業内保育を利用できる企業は少ないですが、働く女性にとって子どもが近くにいるという安心感や預かり時間が長いことは、企業内保育を利用する魅力となっています。働く人のモチベーションが上がることは、企業にとってもメリットとなります。

利用する際の料金相場は

企業内保育の保育料は企業によってさまざまです。自社で運営しているか、委託運営しているかなどでも保育料は変わってくるようです。子どもの年齢にもよりますが、月額使用料5千円程度のところもあれば、保育所並みの5万円ほどのところもあるようです。どのような企業内保育を利用する際でも、どのような保育スタイルなのかよく検討して、一般的な認可、認可外保育所のどちらに預けるかどうかを決定しましょう。 また検討するポイントとして、企業内保育の利用者が少ない場合、子どもにとってアットホームな雰囲気はメリットになるでしょう。しかしながら、年齢が上がるにつれ、集団生活を経験させ集団行動を身に付けさせたいと考えるなら、利用者が少ない施設はデメリットとなります。自分の働くスタイルと、子どもへの教育方針があう預け先を選ぶことが大切です。